IT備忘録

インフラエンジニアのIT備忘録です

各種ツールの使い方

GitHubの使い方

# gitのインストール
yum -y install git-core
# 公開リポジトリのクローンをカレントディレクトリ配下に作成
git clone https://github.com/go1101/bash_sample.git
# クローンディレクトリ配下に移動
cd bash_sample/
# githubにアップロード(push)するファイルを作成
vi lsalF.sh
# git addコマンド
git add -A
# git commitコマンド
git commit -m "test"
# git pushコマンド(Username / Passwordを入力)
git push -u origin master
Username for 'https://github.com': go1101
Password for 'https://go1101@github.com': 


LVMとファイルシステムについて

LVM(Logical Volume Manager)とは

LVMを利用すると複数のHDDやパーティションにまたがった記憶領域を一つのボリュームグループにまとめて単一の論理ボリュームとして扱うことができます。
OSのインストール後にもパーティション構成の拡大や縮小が行えます。

LVMおよびその他に関連する基本用語

物理ボリューム(PV) 物理的なパーティションをLVM用のパーティション(物理ボリューム)に変換する
ボリュームグループ(VG) 一つ以上のブル地ボリュームをまとめてプール化し物理エクステントとして論理ボリュームに割り当てる
論理ボリューム(LV) ボリュームグループともとに作成した論理ボリューム上にファイルシステムを作成しマウントする
物理エクステント(PE) LVMの扱うデータの最小単位
XFSファイルシステム RHEL7のデフォルトファイルシステム、最大ファイルサイズ/最大ボリュームサイズは500TiB

LVMおよびその他に関連するコマンド・ファイル

fdisk パーティションの作成/削除/システムタイプの変更/パーティションテーブルの書き込み
/etc/fstab OS起動時に自動でマウントする情報を記載したファイル
lsblk ブロックデバイス情報を一覧表示(HDDに新規パーティションを作成するための残容量があるか確認)
blkid バイスとUUIDの関連付け
lvmdiskscan LVM情報の表示
pvs / pvscan / pvdisply 物理ボリューム情報の表示
vgs / vgscan / vgdisply ボリュームグループ情報の表示
lvs / lvscan / vldisply 論理ボリューム情報の表示

LVMの注意点

XFSでは論理ボリュームの縮小ができないためパーティションサイズを縮小するには論理ボリュームの削除および再作成が必要になる。
ブートローダはLVMボリュームを読み込むことができないため/bootパーティションは標準パーティションになる。

LVMを利用するケース【HDDを追加して既存パーティション(/var)拡張する】
HDDの空き容量に新規標準パーティションを作成しシステムタイプ(LVM:8e)を変更
# fdisk /dev/sda
パーティション追加を反映するためにOS再起動
# reboot
新規パーティションをもとに物理ボリュームを作成
# pvcreate /dev/sda3
物理ボリュームを既存のボリュームグループに統合
# vgextend VolGroup /dev/sda3
論理ボリュームを拡張(最大サイズで拡張する場合)
# lvextend -l +100%FREE /dev/VolGroup/var
論理ボリュームを拡張(サイズしていで拡張する場合)
# lvextend -l L+5G /dev/VolGroup/var
拡張した論理ボリューム上のファイルシステムのサイズを拡張
# xfs_growfs /var
LVMを利用するケース【既存パーティション(/home)の縮小】
xfsdumpのインストール
# yum install xfsdump
psmiscパッケージをインストール(fuserコマンド利用のため)
# yum install psmisc
homeのダンプファイル(home.dump)を作成
# cd /work
# xfsdump -j -L home -M drive -f home.dump /home
homeパーティションをアンマウント
# umount /dev/VolGroup/home
アンマウントが失敗した場合は依存プロセスを停止(killコマンドによる停止)
# fuser -va /dev/VolGroup/home
# kill XXXX
アンマウントが失敗した場合は依存プロセスを停止(fuserコマンドによる停止)
# fuser -km /dev/VolGroup/home
論理ボリューム(homeパーティション)の利用停止(非アクティブ化)および削除
# lvchange -an /dev/VolGroup/home
# lvmore /dev/VolGroup/home
論理ボリューム(homeパーティション)を再作成(新規作成)
# lvcreate -L 500M -n home VolGroup
論理ボリュームにファイルシステムを新規作成しマウント
# mkfs.xfs /dev/VolGroup/home
# mount /dev/VolGroup/home /home
homeのダンプファイル(home.dump)のリストあ
# cd /work
# xfsrestore -J -L home -f home.dump /home
OS再起動時に自動的にマウントするように設定
vi /etc/fstab

文字コードのいろいろ

「符号化文字集合 (coded character set) 」と「文字符号化方式(character encoding schemeエンコード方式)」の違い

「符号化文字集合 (coded character set) 」は「どの文字を使いたいかの集合体」です。英数字の他に各国の文字の一覧です。
文字符号化方式(character encoding schemeエンコード方式)」は「文字集合のどの文字がどの数値に割り当てるのかを決めるルール」です。

符号化文字集合 文字符号化方式 備考
Unicode UTF-8 ASCIIと互換性がある
JIS X 0201/0208 EUC-JP UNIX系の日本語文字
JIS X 0201/0208 Shift_JIS ASCIIコードに日本語の文字を追加


参考にしたサイトです。
ferret-plus.com
itpro.nikkeibp.co.jp

zero-config.com
RHEL7 のシステムロケールを変更する - Red Hat Customer Portal

事務処理の自動化について(Linux/Windows)

* bashシェルスクリプトの書き方

shebang

bash(インタプリンタ言語)シェルスクリプトである事を明記する
#!/bin/bash

if、case、forのサンプルコード

github.com

for awkコマンドのサンプルコード

github.com


□Wordマクロ
Wordファイルの先頭に移動
Selection.HomeKey Unit:=wdStory, Extend:=wdMove

現在の行から8行下に移動
Selection.Move Unit:=wdLine, Count:=8

現在の行から1行上に移動
Selection.Move Unit:=wdLine, Count:=-1

行を選択
Selection.StartOf wdLine
Selection.EndOf wdLine, wdExtend

選択範囲を削除
Selection.Delete


Excelマクロ
繰り返し処理

Do While 条件式
⇒条件式が真の間、繰り返し処理を実行

Do Until 条件式
⇒条件式が真になるまで、繰り返し処理を実行

Selection.End(引数).Select
Endモード(+Ctrl)で移動する。
引数はxlUp(↑)、xlDown(↓)、xlToRight(→)、xlToLeft(←)


自動化について参考にさせて頂いているサイト

language-and-engineering.hatenablog.jp

マクロの参考サイト
www.atmarkit.co.jp
tonari-it.com

RHEL7 / CentOS7のネットワーク関連のコマンド

ネットワーク関連のコマンドです

ネットワークデバイスのステータス/設定を確認(GUIから対話式に設定)
# nmtui

IPアドレス、デフォルトGW、DNSサーバ、起動時の有効化などが設定可能。

ネットワークデバイスのステータス/設定を確認(CUIからコマンドにより設定)
# nmcli device status
# nmcli con show ens33
IPアドレスの設定
# nmcli c mod ensXX ipv4.addresses 0.0.0.0/24
デフォルトゲートウェイの設定
# nmcli c mod ensXX ipv4.dateway 0.0.0.0
IPアドレスデフォルトゲートウェイの設定
# nmcli c mod ensXX ipv4.method manual ipv4.addresses "0.0.0.0/24 0.0.0.0"
DNSサーバの設定
# nmcli c mod ensXX ipv4.dns 0.0.0.0
ネットワークの接続を有効化/無効化

※/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ensXXの"ONBOOT"のパラメータ(yes/no)が書き換えられます。

# nmcli c mod ensXX connection.autoconnect yes
# nmcli c mod ensXX connection.autoconnect no
インタフェースの接続/切断
# nmcli connection up ensXX
# nmcli connection down ensXX
バイスの確認

※インタフェースが無効化でもデバイスは表示されます。

# nmcli d
# nmcli c
IPアドレスを手動設定/自動設定(DHCP)に設定する
# nmcli c modify ensXX ipv4.method manual
# nmcli c modify ensXX ipv4.method auto
ネットワークの再起動
# systemctl restart network
プロキシサーバの設定
profileを編集
# vi /etc/profile

以下の行を追加
PROXY='プロキシサーバ:8080'
export http_proxy=$PROXY
export HTTP_PROXY=$PROXY
export https_proxy=$PROXY
export HTTPS_PROXY=$PROXY

設定を反映
# source /etc/profile


以下のサイトを参考にしました。
server.etutsplus.com
thinkit.co.jp
CentOS 7 で ネットワーク(IPアドレス、ホスト名、ドメイン名など)の設定を行う | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
qiita.com

事務処理を効率良くするための方法(Mac編)

ショートカットキー

カーソルのショートカットキー

キー 機能
control + F カーソルを右へ
control + B カーソルを左へ
control + P カーソルを上へ
control + N カーソルを下へ
control + A 行頭/段落先頭に移動
control + E 行末/段落末に移動
control + D カーソル右側の文字を削除
control + H カーソル左側の文字を削除
control + K カーソル右側の文字から行末
option + delete カーソル左側の1単語とその後ろのスペース・句読点を削除
Option + ← カーソルを一単語分左に移動する
Option + → カーソルを一単語分右に移動する
Option + ↑ カーソルを段落の先頭に移動する
Option + ↓ カーソルを段落の最後に移動する
control + Y control + Kで削除した文字を貼り付け
control + O カーソルの後ろに1行挿入
control + T カーソルの左側と右側の文字を入れ替える

Mailのショートカットキー

キー 機能
Command + N 新規作成
Command + Shift + N 新規メール受信
Command + Shift + D メッセージ送信
Command + Shift + L フラグ追加/削除

その他のショートカットキー

キー 機能
Command + Control + F 画面を最大化/画面を元に戻す
Command + Option + H アクティブ画面以外を最小化
Command + Option + Shift + V コピー&ペースト時に書式を無効化する
control + d カーソル右の文字を削除
control + k カーソル右の文字を全て削除
control + a カーソルを行頭へ移動
Fn + F11 デスクトップ表示
command + shift + h ホームフォルダを開く
command + shift + u ユーティリティフォルダを開く
command + shift + a アプリケーションフォルダを開く
command + ↑ Finderで上の階層に移動する
command + option + (← または →) ブラウザタブの移動
command + option + 2 ファイルを種類でソート
control + option + 2 WordPress記事の段落(見出し2)
command + shift + v Clipy起動(要インストール)
command + d(またはdelete) ファイル編集終了時に保存せずに閉じる

以下のキーは記号で表現されることがある

キー 記号
command
shift
option
control
caps lock
command + tab で最小化された画面も全面に表示する方法

command + tab で画面を切り替える際、最小化された画面は全面表示されませんが、以下の方法で最小化された画面も全面表示することが可能です。

  • [command + tab]→対象の画面を選択した状態で[option]を押す。


Finderのカスタマイズ

Finder起動時のディレクトリを変更する

[Finder]-[環境設定]-[一般]-[新規Finderウインドウで次を表示]

Finderサイドバーの表示項目を変更する

[Finder]-[環境設定]-[サイドバー]

Macでアプリケーションをログオン時に自動起動する方法

[システム環境設定]→[ユーザとグループ]→[ログイン項目タブ]→[以下の項目がログイン時に自動的に開きます:]に項目を追加する。

MacBookで使用しているアプリケーション

アプリケーション 機能
InsomniaX MacBookを閉じてもスリープしない
Clipy クリップボード保存