IT備忘録

インフラエンジニアのIT備忘録です

LVMとファイルシステムについて

LVM(Logical Volume Manager)とは

LVMを利用すると複数のHDDやパーティションにまたがった記憶領域を一つのボリュームグループにまとめて単一の論理ボリュームとして扱うことができます。
OSのインストール後にもパーティション構成の拡大や縮小が行えます。

LVMおよびその他に関連する基本用語

物理ボリューム(PV) 物理的なパーティションをLVM用のパーティション(物理ボリューム)に変換する
ボリュームグループ(VG) 一つ以上のブル地ボリュームをまとめてプール化し物理エクステントとして論理ボリュームに割り当てる
論理ボリューム(LV) ボリュームグループともとに作成した論理ボリューム上にファイルシステムを作成しマウントする
物理エクステント(PE) LVMの扱うデータの最小単位
XFSファイルシステム RHEL7のデフォルトファイルシステム、最大ファイルサイズ/最大ボリュームサイズは500TiB

LVMおよびその他に関連するコマンド・ファイル

fdisk パーティションの作成/削除/システムタイプの変更/パーティションテーブルの書き込み
/etc/fstab OS起動時に自動でマウントする情報を記載したファイル
lsblk ブロックデバイス情報を一覧表示(HDDに新規パーティションを作成するための残容量があるか確認)
blkid バイスとUUIDの関連付け
lvmdiskscan LVM情報の表示
pvs / pvscan / pvdisply 物理ボリューム情報の表示
vgs / vgscan / vgdisply ボリュームグループ情報の表示
lvs / lvscan / vldisply 論理ボリューム情報の表示

LVMの注意点

XFSでは論理ボリュームの縮小ができないためパーティションサイズを縮小するには論理ボリュームの削除および再作成が必要になる。
ブートローダはLVMボリュームを読み込むことができないため/bootパーティションは標準パーティションになる。

LVMを利用するケース【HDDを追加して既存パーティション(/var)拡張する】
HDDの空き容量に新規標準パーティションを作成しシステムタイプ(LVM:8e)を変更
# fdisk /dev/sda
パーティション追加を反映するためにOS再起動
# reboot
新規パーティションをもとに物理ボリュームを作成
# pvcreate /dev/sda3
物理ボリュームを既存のボリュームグループに統合
# vgextend VolGroup /dev/sda3
論理ボリュームを拡張(最大サイズで拡張する場合)
# lvextend -l +100%FREE /dev/VolGroup/var
論理ボリュームを拡張(サイズしていで拡張する場合)
# lvextend -l L+5G /dev/VolGroup/var
拡張した論理ボリューム上のファイルシステムのサイズを拡張
# xfs_growfs /var
LVMを利用するケース【既存パーティション(/home)の縮小】
xfsdumpのインストール
# yum install xfsdump
psmiscパッケージをインストール(fuserコマンド利用のため)
# yum install psmisc
homeのダンプファイル(home.dump)を作成
# cd /work
# xfsdump -j -L home -M drive -f home.dump /home
homeパーティションをアンマウント
# umount /dev/VolGroup/home
アンマウントが失敗した場合は依存プロセスを停止(killコマンドによる停止)
# fuser -va /dev/VolGroup/home
# kill XXXX
アンマウントが失敗した場合は依存プロセスを停止(fuserコマンドによる停止)
# fuser -km /dev/VolGroup/home
論理ボリューム(homeパーティション)の利用停止(非アクティブ化)および削除
# lvchange -an /dev/VolGroup/home
# lvmore /dev/VolGroup/home
論理ボリューム(homeパーティション)を再作成(新規作成)
# lvcreate -L 500M -n home VolGroup
論理ボリュームにファイルシステムを新規作成しマウント
# mkfs.xfs /dev/VolGroup/home
# mount /dev/VolGroup/home /home
homeのダンプファイル(home.dump)のリストあ
# cd /work
# xfsrestore -J -L home -f home.dump /home
OS再起動時に自動的にマウントするように設定
vi /etc/fstab